添加物フードは涙やけの原因

ペットショップで購入する危険なフードで涙やけ

初めての犬育てで事前情報も少なく、ペットショップで犬を迎えて飼われる方が多いようです。
ペットショップでは決まったわんこの手続きが終わると、いよいよ家族たちのおうちに迎え入れられます。
ペットショップでは、最初のごはんとしてフードを沢山買わされるそうです。
最初はどんなご飯を与えて良いか分からず、しかも、その日のうちにフードを与えなければいけません。何が良いか迷っている時間はありません。
迎え入れる初日に必要な物が全て揃えられるペットショップでフードも合わせて購入できることはとても有難いことです。
しかし、実は添加物いっぱいのフードであることは教えてくれません。
当店お客さまのMIXのボニラ君もペットショップで迎い入れ、初めての犬育て、やはりドッグフードを合わせて大量に買わされたそうです。
最初の犬育てはまず病院はどこにする?フードはどうするから始まります。
ボニラ君のママはオーガニックに切り替えたいと来店されました。
でもボニラ君は添加物のフードに慣れてしまい、他のフードは一切口にしなくなってしまったと。
添加物のひとつ「甘味料」犬は甘い匂いがとても好きです。すると食いつきも良く飼い主はおいしそうに食べてくれると嬉しいものです。ただ「甘味料」は癌を誘発してしまう怖い原料です。
愛犬がフードを食べてくれないと、本当に心配になりますよね。
犬も最初のフードで犬人生も狂わせちゃうんですね、ママは当店のフード、過不足のない物を与えたいと思っているのに、ボニラ君は添加物以外のフードを食べなくなり、おやつを食餌代わりにしているんです。
ママはオーガニックフードを全く受付ないと嘆いていました。
食べないんだから仕方ないからと、添加物入りを再び与えるようになって、1歳が近づいたころ、再び来店したボニラ君の涙やけはさらにひどくなっていました。
サロンにも相談したそうですが、答えは「その都度目の周りのカットしかないですね」と言われたとの事です、トリマーさんなので根本的な解決ができないんですね。。
来店するたびにボニラ君の涙やけはひどくなっています。
涙やけは、粗悪たんぱく質や眼から溢れ出た涙や付着する老廃物、それに繁殖する細菌などが関連しています。フードに含まれる添加物や色素などの代謝産物が、詰まりやすく、変色しやすい涙を作るとも言われています。
ママは添加でも食べてくれれば良いんだからと諦めてしまうと、私はそれ以上は進められないし、アドバイスもなかなか出来ません。
愛犬の命は飼い主によって犬の寿命が完璧に決まります。
過言ではありません。
そんなボニラ君にひとつだけ兆しが見えました。
当店の無添加の馬肉おやつがお気入りになったので、それだけはママが定期的に購入されていました。
徐々にオーガニックも混ぜてならさせていく事になりました。
来店ごとにおやつのサンプルとして(キィ&ララのおやつ)差し上げて、こんな美味しい物もあるんだぞーと試させてみています。
添加物なしのごはんを完食するにはまだ、少し時間が掛かりそうですが、まずは良し良しのスタートです。
ある時いつものようにおやつ購入でご来店された際、オーガニック生肉ドライフードの新製品が店内に並べられており、ママが購入されました。
がっつりお肉が大好きなボニラ君、今ではお気に入りになってくれたらしくて、定期的に購入されるようになりました。
フードの内容を変えながら、少しずつ涙やけも薄くなってきました。
添加物の怖さはララの腫瘍で経験しているので適切な食餌をお選びしています。
なるべく添加物の少ない原料のクオリティの高いフードに変えることで、劇的に涙やけが改善することができます。

コメント