お使いのドッグフードに添加物は使用されていませんか?

フードカウンセリングで適切な食餌を

シニアの気になるお年頃、エゲルちゃん8歳のママがいます。
ママとはメールで他愛のないお話でいつも盛り上がります。
私は自分からフードなどのお勧めはしません。
なぜかと言うと、飼い主さんが本気で食餌ついて向き合って考えてくれないと中途半端になり、結局添加物入りに戻ってしまうんですね。
ママは犬を迎え入れた時、フードに付いて勉強され、有名な「R」(※商品名略称) を毎日与えているそうです。

オーガニックや過不足ないフード選びや、取扱いしているお店探しはとても困難です。
シニアの歳は7歳から、幼少期から添加物、保存料を与え続けると、癌腫瘍、あらゆる病気などが生じてくるのがこの年くらいから。
でも、わんこは体内の痛みや変化に気付く事はないので、ある日突然お空に逝ってしまうのです。
シニアになると栄養のバランスが悪くなり免疫力が低迷します。
そして病気が生じます。ですからサプリメントなどの栄養補給も大切と言えます。

ある時、エゲルちゃんの与えているフードが心配、もうシニアなので相談したいとお話しされました。
当店では、現在与えているフードパッケージの画像を送って頂き原材料の確認させていただきカウンセリングをします。
愛犬家族にとって命を脅かす気にしたいことが食餌に含まれる添加物や保存料、本当に怖い存在です。
犬動物のペットフードには、国で定めた安全基準法がないから原材料に関してはやりたい放題。
「R」(※商品名略称) は殆どが獣医さんで扱う病気治療食やおススメフードなんです。獣医さんにお話を伺ってみましたら、必然的に扱うようにされてしまうようです。
この「R」(※商品名略称) 添加物/保存料たっぷりです。怖いですね。
病院で使用しているサプリメントや治療食などは殆どは、添加物や保存料が使用されています。
獣医さんからおススメのフードを食べているから、我が家は安心なのよと言われる愛犬家の方もいます。良かれと思っていても、知らない間に添加物が体内に蓄積してしまうんです。
大量生産されたフードは怖い商法です。

さて、エゲルちゃんのママは、フードを替えたいけど何を買ったら良いのか分からず危険と分かっていても、ずっと「R」(※商品名略称) を食べさせていたことにとても心配していました。
また、エゲルちゃん家族には猫ちゃんも一緒なので、サプリなどは猫ちゃんもエゲルちゃんも一緒に使用出来る安心な同じ物を全て替えたいと言われました。
エゲルちゃん、猫ちゃんに適切なフードとサプリをご紹介させていただきアドバイスいたします。
今後は、適切なフードを食べ始めたら、エゲルちゃんの解毒レシピを伝授しようと思います。なぜなら添加物と保存料の多いフードを8年も食べて来てしまったのだから、これから改善のお手伝いをさせて頂くのです。
少しでも延命に近づくのはとても良い事です。
日頃の病気の早期発見より、毎日の予防が大切です。

現在お使いのフードに不安がありましたら、カウンセリングさせていただきますので、ぜひ愛犬に長生きをさせてください。

コメント