怖い病気 愛犬の白内障と緑内障

緑内障のコッカースパニエルちゃんの話

コッカースパニエル(イメージ画像)

キィア&ララが赤ちゃんの時から可愛がってくれる年配のご夫婦がいます。
そのご夫婦には一匹のコッカースパニエルちゃん13歳がいました。

お散歩中に久しぶりに会いました。

コッカちゃんは、なにやらぶつかりそうに下向き加減に歩いているんです。
どうしたのとお母さんに聞きました、
「この子ね、白内障が進んでしまいこの間、右目を摘出したのよ」
いわゆる緑内障ですね。コッカちゃんのお目めを見せてもらったら、右目を摘出してあるんです。

左目はどうなの?
左目も白内障で近日中に摘出手術と言われたのよ。。。
でも、あまりにも不憫で左目まで摘出したくない、可哀そうでたまらない、
あなた動物学を学んでいるなら教えてよ。。。
どうしたらいいか分からない。
病院では教えてもくれずに眼球摘出の話ばかり、
ふたつも目がなくなるなんて不憫でたまらないと
嘆いていました。

私もまだ勉強の身、だけどできる限りのアドバイスをさせてもらいました。
眼球の周りにはルティンが有り、老齢化とともにルティンが減少して来ます。
原因は老化ばかりでなく、糖尿病などからも生じてくるのが白内障。
白内障が進行すれば緑内障になり、眼球摘出しか方法がなくなります。

私が学んだ医学にも白内障が生じて来たら、獣医で目薬を出してもらうと良いと書いてあり、
実際、白内障の目薬を与えてる飼い主さんにもお聞きしたことがありますが、あまり効果は得られないそうです。
年を重ねれば仕方がないのだろうとずっと思ってきた私は、いやいやそうではないだろうと、自分なりに白内障についても勉強を深堀しました。

人間の白内障は今や手術で簡単に完治するんですが、犬は摘出手術しか方法がないのが現状です。
しかも放って置くと両眼摘出を強いられます。

私は毎晩、くるっとした可愛い瞳の愛犬を見てこの瞳が濁って来るのか、とても悲しいな、
そして絶対に白内障にさせたくないと、強く思うようになりました。

両眼摘出を宣告されたコッカちゃん、
お父さんとお母さんに、調べてたどり着いた我が家直伝の白内障予防を伝えました。
コッカちゃんのお父さんは和食屋さんを経営されているので、予防に適した食材が毎日の仕入れで手に入るので、作ってみると毎晩与えてました。

たまにお逢いしてもコッカは元気だよ、残された片目の進行止まり、摘出されることは免れたって お父さんとお母さんは表情も明るくなって話されていました。
そんなコッカちゃんもお空に逝ってしまいましたが、
元気に17歳まで生きてくれたから長寿さんですね。
そして残された片目も最後まで摘出せずに済んだことも伝えてくれました。

一時期は両眼摘出まで宣告されたのに!
最後まで眼球が残されていたことは家族にとって本当に救いです。
そして病気ではなく、老衰で逝ってくれたこと。
本当に偉かったです。

どんな状態に、なろうと犬は人間の傍らでいつも、前向きに明るく生きていてくれる素晴らしい生き物です。だからこそ、その命を人間側がきちんと大切に考えなければいけないのです。
そして必ずあなたの犬も答えてくれます。

私のお店の何件か先に目の神様がいるんですね、”源覚寺”別名:こんにゃく閻魔に御祈願された方が帰りにお店に立ち寄ったことがありました。
お聞きしたら、愛犬ちゃんは10歳なのに白内障から緑内障になり、やはり片目を摘出したそうで、
残された片目について、少しでも相談に乗って下さいとご来店されました。
10歳で緑内障になり、摘出を宣告されたことは家族にとっても辛い毎日を過ごすことになります。
元気に一緒に遊んでいた家族同然な愛犬の、元気なく不安な症状を見続けることはとても心苦しいです。症状を起こしてしまうことや、緩和させてあげられることも全て飼い主さんしだい。
ペットの手術費用は生活を圧迫するほど高額になることが多々あり、手術を断念せざるを得ない状況になる方もいます。告知され、手術が受けられるか聞かれ、短期間で本当に辛い決断を迫られます。

私は動物学を学ぶ前までは、早期発見が病気には大切だと考えていましたが、
緑内障・白内障も早期発見より毎日の努力が予防になります。とても大切なことです。

添加物や保存料など加えてない、優れた材料を使用した過不足のない栄養を与え、
正しい生活を続ける事により、「加齢=老化」と言う概念を取り除く事が出来ます。
そして健康年齢を大幅に引き延ばすことが出来ます。

コメント

  1. 鈴木功美子 より:

    はじめまして。
    早速ですが宜しくお願い致します。
    我が家のトイプードル(12歳の女の子)が両目共白内障なのですが、更に今年の6月に左眼が原発性緑内障になりました。今は薬で眼圧コントロールしてますが薬が効かなくなれば眼球摘出と言われています。また反対の右眼も緑内障になる可能性が高いそうです。発症した左眼は温存は難しいかもしれませんが、右眼だけでも最後まで残してやりたいと色々検索してこちらに辿り着きました。
    コッカーちゃんのお話を大変興味深く読ませて頂きました。
    何か良い食材があるのでしょうか?教えて頂けると大変嬉しいです。藁にもすがる気持ちでおります。何卒宜しくお願い申し上げます。

    • chialala より:

      こんにちは
      我が家は2ワンで共に年末に12歳になりますが、愛くるしい瞳そのままです
      シニアを迎える前から食餌やサプリメントで栄養補給しながら私法のデトックスを続けて今に至ります

      眼球の周りにはルティンが有り、年齢と共に減少して白内障などが生じると言われています
      それだけが原因ではありませんが、例えば多頭飼いは、じゃれ合ったりして瞳が傷付いたり、糖尿病などからも白内障の原因になります
      ある程度シニアになったら色々な病気が生じてきます。動物は、お口が効けない、自分で食べる物も選べないので
      飼い主さんが、過不足のない栄養を見極めて上げる事が長生きの秘訣だと思っています
      特にDHAは、眼球など体の頭部 EPAは身体部分に効果があると言われています
      *DHAは青魚、緑野菜などですが、まずは現在与えているフードなどからの見直しが必要です
      コッカちゃんにはDHAは勿論ですが、現在食べているフードからアドバイスして差し上げました
      フードカウンセーリング≪無料です≫をご希望でしたらchichilala1225@yahoo.co.jpからお受け致します
      現在の食餌から今後病気にさせないフードや栄養補給などもお伝えいたします
      老齢とともに免疫力も下がるのですが、本来、動物は免疫力高く生まれて来ています、過不足のない栄養素を与え
      正しい生活習慣を続ける事により老化と言う概念を取り去ることが出来ます
      プードルちゃんは、まだ12歳なので今からでも遅くはありません
      出来る限りお目めは残してあげたいです
      病気の早期発見も大切ですが、毎日の予防が最も大切なことだと思っております
      それは必ず愛犬に必ず伝わり答えてくれます。
      再度ご連絡お待ち致しております